北に行くほど料理がおいしくなるってホント?

よく北海道などの料理がおいしいという人がいますが、それを考えると北に行くほどおいしいものが多くなるという感じがしますよね。

北陸や日本海沿岸、仙台に北海道など確かに料理がおいしい印象があります。しかし、都会でも十分においしい料理は堪能できるわけで、それはある意味印象操作的な感じもしないでもないです。

というのも都会では飲食店が有象無象にあって、しかもチェーン店も多い、まずい店もあればおいしい店もあるし、新鮮な食材もあれば冷凍食品もあってカオス状態とも言えます。

一方で、北海道や北陸などあまり都会でないところでは、海で獲れた新鮮な魚介類やタラバガニ、ズワイガニなどが比較的簡単に飲食店に出回ります。

言い方が悪いですが、少々料理の腕前が悪かったとしてもタラバガニやズワイガニは刺身にしたり、鍋にしたりするだけで素材のうまみが十分に味わえるので、仕入れの問題だけだとも言えます。

私もタラバガニとかズワイガニは大好きなので、家では冷凍のものが多いですが、やはり北陸とか金沢とかに行くとカニのおいしさは格別なものがあります。

タラバガニを通販で購入

Previous

Next