雪深い地方でのワゴンR

数年前に神奈川県横浜市から長野県飯山市に引っ越してきました。横浜では車を所有していませんでした。
どこへ行くにもすべて電車で、まったくの不便を感じていませんでした。しかし、引っ越し先の長野県飯山市では最寄り駅まで徒歩45分。
都会とうってかわって田舎では車社会でした。そこで購入したのがワゴンR。
車に知識もなく、ペーパードライバーの私も名前ぐらいは聞いたことのある車。
最初の運転はドキドキしましたが、フロントガラスが多きく運転席も広く感じ、思っていたほど窮屈感はありませんでした。
田舎道は狭いところも多く、この小さなワゴンRでもストレスなく運転出来ています。
知人にテリオスを運転させてもらったことがありますが、ワゴンRの方が快適でした。
しかし難点が。飯山市は豪雪地帯です。冬に路上駐車していたなら、半日で車の半分が埋まってしまうことが多くあります。
ワゴンRは車高が低くタイヤも小さいため雪に埋まると、周りの雪をかき出すために30分以上かかることもあります。
雪のわだちにタイヤをもっていかれることもしばしば。冬は車高の高いジムニーやテリオスが便利だと思い知りました。

ワゴンr 買取 仙台市泉区

Previous