色を塗った後でポストカードとしても贈ることができる大人の塗り絵

私が最近ハマっているのが大人の塗り絵です。塗り絵というと小さいお子さんがするイメージこれまで強かったのですが、あるときネットで大人の塗り絵というものがあることを知り、さらに調べてみたところとても興味を惹かれて、そこから専用のポストカードブックを買い、空いた時間を見つけては色を塗って楽しんでいます。

大人の塗り絵の大きな特徴は、塗り絵の元となるイラストやデザインの細かさとお洒落さにあります。今私が使っているタイプは、パリの風景をモチーフに、ティーカップや花、町並み、建物、料理など様々なイラストが描かれています。手持ちの色鉛筆を使ってゆっくりじっくり時間をかけて丁寧に塗りつぶしてゆくのですが、その時間は本当に心が無になる感じがします。特別難しい作業ではなく手を動かすだけのとても単純な作業なので、無心になりますね。事実大人の塗り絵発祥のパリでは、ストレス解消効果やリラックス効果があることから人気になったそうです。

どの色にしようかなと考えているだけでも頭を使いますし、全体のバランスを見て配色を決めていくのは思いのほか時間がかかるのも確かなのですが、でも完成したときの喜びもひとしおで、達成感があります。自分で色を付けた塗り絵がそのままポストカードになるなんてお洒落ですよね。実際にはまだ贈ったことはないのですが、今後友人に贈るのが楽しみです。

Previous

Next