ブラックの人が金融機関で融資を受けるには

一度でもブラックリストに載ってしまったら、以後は、新しく融資を受けることはできないのでしょうか。返済に行き詰まって債務整理をすることになったり、返済を滞らせたことがあると、信用情報会社にその記録が残ります。この状態が、一般的に、ブラックリストに入ったという表現をされています。消費者金融や銀行で融資を受けようとした場合には必ず、申込み時の審査でこの信用情報の照会がされるようになっています。今まで返済がうまくいかなかったことがある人は、返済能力が疑わしいと判断されます。しかし、全く審査に通らないかと言えば、そうでは無く、融資が可能なケースもあります。いわゆる審査が甘いと言われている、中小規模の消費者金融会社の場合、融資をしてくれることがあります。審査が甘いといっても、必ずしも融資をしてもらえるとは限りません。現在進行形で返済を滞らせているような人には融資は行われません。ブラック入りしている人でも、延滞まではOKで、自己破産経験がある人は問答無用で融資なしという判断をする金融会社もあります。中小の消費者金融会社を利用する場合の注意点として、正規に許可を受けて営業しているのか、金利が適正であるかの確認が必要です。融資先が見つからないブラック状態の人に言葉巧みに近づいて、違法の高金利で融資をしてくるような闇金融もありますので注意してください。やはりブラックの人は基本的に融資を受けられないので、融資可能なケースにはしっかり条件を確認した上でお金を借りるようにしましょう。
ホワイトラグジュアリープレミアムの効果

Previous

Next