にきび跡のクレーターが残った時には

クレーターになったにきび跡があると、自分の顔をチェックするたびに気になってしまいます。程度にもよりますが、深い部分までクレーターになると、自分1人のお手入れでは治らないこともあります。

長期的な取り組みをするつもりで、早めのケアをすることがポイントになります。にきびが皮膚の表層に留まっているうちはまだしも、真皮層まで傷めると、クレーターになります。皮膚は、表層と、真皮層では回復のサイクルが異なっています。肌の表面は比較的早く回復しますが、真皮層は回復力が早くないため、クレーターになったものが残ってしまいます。にきび跡が気になる部分に対しては、ビタミンC誘導体を用いたスキンケア用品がお勧めです。真皮層の代謝を促進するために必要なコラーゲンは、ビタミンCによってつくられやすくなります。基礎化粧品にはビタミンCは添加しづらく、皮膚に浸透させることも難しいことから、ビタミンC誘導体が最近では盛んに利用されています。ビタミンC誘導体は、皮膚を通過して体内に入り、酵素の働きかけによって本来のビタミンCとして機能し、影響を与えます。スキンケアにビタミンC誘導体を使う時は、お肌が乾燥した感じになる場合があるので、ちょっとずつつけてみましょう。自宅でのケアでにきび跡を全く目立たなくすることは困難ですので、過度な期待はしないようにしながら取り組みましょう。多種多様な美容法がある中で、にきび跡のクレーター解消ができない場合は、皮膚科のクリニックに行ってみるといいでしょう。
ルートローラー 効果

Previous

Next