二種免許、19歳から取得可能に

タクシーやバスの運転に必要な運転免許、二種免許の取得条件が緩和されることになりました。
取得条件が年齢要件を「21歳以上」から「19歳以上」に、経験年数要件を普通免許保有「3年以上」から「1年以上」にする方向です。

現在でも、特別な自動車教習所に通えば経験年数要件が「2年以上」になる特例はあったのですが、年齢要件があり、旅客業界の高卒者採用に支障が出ていたそうです。「タクシー業界は中小企業が大半。18歳を雇っても3年間免許を取れず、ほかの業務に就かせる余裕もない。採用できなかった」と業界関係者は説明します。この業界も運転手の平均年齢が上がる一方で、直近の調査では60・1歳だったそうです。

受験資格緩和にあたり、この制度で教習を受けて二種免許を取得した人は一定期間、違反をした人に再試験か講習を科す制度も検討するようです。

今回の改正を機会に、二種免許を取ろうと考えている方におすすめするのが合宿免許です。基本的に1日三食付きで、宿泊費込みで割安で所得が可能となっています。

若年層の自動車離れ、都市部では免許取得の必要性が低くなっているとも言われており、日本経済に取っても好ましい状況とは言えません。今回の法改正を機会に二種免許の取得にチャレンジしてはいかがでしょうか。

合宿免許で二種免を取る

Previous

Next