住宅ローン金利のこれからの動向について

将来的に、住宅ローンの金利がどのように変化していくか、情報収集を熱心に行っているという方がいるようです。そこでここでは、住宅ローン金利のこれからの動向について予測してみます。具体的には、2019年以降の住宅ローン金利がどうなるかについて、予測を試みます。2019年以降の住宅ローン金利について予測の結果だけ簡単に話すと、変化はあまりないという話が多いです。2020年は東京オリンピックの年であり、国の経済には影響がありそうですが、住宅ローンの金利は変わらないという予測になっています。また、2021年でも、住宅ローンの金利が劇的に変化するような要素はないといいます。住宅ローンの金利について、2018年の時には、2021年までには金利上昇の予測がありましたが、2019年の予測では上がらなさそうとなっています。住宅ローンの金利は、日本銀行の政策で影響を受けるのですが、金利政策は特に変化がないので住宅ローンの金利も同じく変化がないと予想されます。こうした予測については、おそらく消費税の増税が大きく影響しているかもしれません。消費税が8%から10%に上がる予定がありますが、消費税が上がると消費者はあまりお金を使わなくなるため、金利が下がる傾向にあります。2018年時点の予想では金利上昇が見込まれていましたが、消費税の増税が決まったために金利の下がる要素が追加され、その結果金利が変わらないと予測されています。住宅ローンの金利について予想をする時は、日銀の金利政策の背景にある景気の動静を知る必要があるわけです。ネズミ駆除

Previous

Next