トンカットアリとはどんなものなのか

トンカットアリとは自然のニガキ科の木の仲間であり、インドネシア・マレーシア半島・ボルネオなどの熱帯地域に自生しています。 和名ではナガエカサとよばれ、古来より滋養のためとして煎じたものを体に取り込んでいました。

トンカットアリはかなり手に入れることが簡単ではないため、価値のある植物でもあるのです。薬草とはまた相違しておりハーブの一種として取り扱われています。 昨今では男性の活気をサポートするサプリとしても一般に活用されており、男性に滋養強壮として飲用している方もかなりいるようです。ちなみにトンカットアリはマレーシアのバイアグラとも評されているそうです。スタミナを付けたい方に適した成分が含まれているので、生活の活性に期待ができるでしょう。トンカットアリには血の巡りを促進させ、身体中の血の巡りの改善に期待できる成分が含有されています。 冷え体質で苦労していらっしゃる方や疲労感を感じやすい方、他にも眩暈や肌トラブル等の軽減にも繋がります。また血の流れがアップすることで身体の動きも盛んになるので、活気をキープしたい方にも適しています。トンカットアリは貴重なため生で必要十分量を取るのは困難です。そこで活用したいのが精力サプリ。なかでもゼファルリンの効果が高いと評判です。ゼファルリン 効果画像なども一部あります。

Previous

Next