可愛いお孫さんが遊びに来る前に、家の中の危険を見直してみましょう。

もうすぐお盆。「やっと孫の顔が見られる♪」と喜んでいる方も多いのではないでしょうか? 遠方に住むお孫さんに会えるせっかくの機会ですから、ケガ無く楽しい時間をすごしてもらいたいものです。

ただ、最近NEWSでもよく見かけますがおうちの中にも危険がいっぱい潜んでいます。

窓や階段からの転落事故や、はしゃいでいるうちに家具にぶつかってしまったり、小さなお子さんでは誤飲なども気にかかるところです。
さきほど「窓」と言いましたが、なにも高層階の窓に限りません。
わが子は3才のとき、ほんの1~2分目を離したすきに1階の窓から外に転落してしまいました。
1階とはいえ外に出てみるとかなりな高さがあり、数針縫ったほどです。

網戸って意外と外れやすくてビックリです。
窓のほかにも、通気のために開けておいたドアがいきなり閉まって指をはさむ事故も多いようです。
こちらに関しては自分で設置できる「はさマンモス」などの指はさみ防止グッズを使うのも効果的です。

普段、子供がいない家庭には子供の興味対象となるものがたくさんありますからお盆休みの前に一度見直してみたいものですね。

Previous

Next