思いきった引越しの経験は人生の分岐点

10年ほど前に大きな決断をしました。
当時私には四歳年下の彼女がおり、私は建設のお仕事と掛け持ちでコンビニバイトをしていました。
彼女と私は車で一時間程度の距離に住んでいました。彼女とは週四~五回会っていたためかなりガソリン代や食事代など費用がかかっていました。

とある日いくらかかったか計算をすると余裕で一人暮らしできるほどの金額がかかっており、引越ししたほうがいいのでは?と思いました。

半年ほど掛け持ちバイトして50万貯め、彼女と同じ市内へと引っ越しました。大きな決断だったと思います。
引越しに費用がかかるとは聞いており、自分なりの見積もりを出して計算していましたが少し費用が足りなかったようにあります。周りからのもらい物(洗濯機など)でなんとかお金を浮かせることに成功し、費用を抑えました。初めての引越し、特に一人暮らしをする際は多く見積もったほうが余裕が出ますね。

私の場合親からの援助は受けず自分の稼いだ分だけでまかないました。その数年後彼女とは別れましたが今ではこちらに引っ越してきてよかったと感じています。

私が、引っ越すまでは自分で何かをする、と言うような人ではなかったからです。引越し後は自分のことは全て自分でできるようになりました。いろいろな経験もさせていただきました。

私は引越しが私の人生の転機だったと感じています。あの時引っ越していなければ今ここでこの文章は打っていないでしょう。
人生とはほんとに何が起こるかわかりません。面白いし楽しいです。
最後になりますが引越しは余裕を持って行いましょう。

単身パックで東京から岩手への引越し費用は相場より安いのか?

Previous

Next