スカッと爽快「プレバト!!」

プレバトの俳句コーナーをとても楽しみにして観ています。
なんといっても、夏井いつき先生の切れ味鋭いトークが、とてもいいです。
別に先生が、偉そうに言っているわけでもなく、一俳人として、その能力をいかんなく発揮している姿はとてもすがすがしいです。
俳句ですから、その人の思い入れは、その人自身の人生にも係わるところから、そんな経験をしてきたのか、そんな考え方もできるのかと、結構目から鱗といったものもあって楽しめます。
私だったらどんな俳句を詠むだろうかと、自分の頭の中で思い起しながら、いっしょになって、いつにまにか観ています。
毎週毎週観ているうちに、少しずつ、俳句というものがなんたるものか、先生から適切なアドバイスを頂いている気分にもなります。
そんな風にして、何年もみていると、少しではありますが、それはちょっと惜しい表現だなとか、そんな表現方法があるのかと感心して観ることができるようになりました。
特に季語については、素人なので、正直よくわかりません。
前に一度、俳句の歳時記を本やで立ち読みしたときに、たくさんの季語があることはわかったのですが、こんなにも春夏秋冬の表現があるのかと、日本人として、感心するばかりでした。
本気で俳句を詠んだのは、中学生の頃で、その時は結構、学校からの課題にあったので一生懸命取り組んだ頃を思いだしました。
これぞと思う俳句を、先生に観ていただき、褒められた思い出もおもい起されます。
もしかすると、今も結構いい俳句が詠めるかもと一瞬思いますが、番組の芸能人の方々の俳句をみて、あまりのレベルの高さに尻込みするばかりです。
着物買取を福岡でするなら

Previous

Next